open 平日/10:00-20:00 土日祝/10:00-19:00

close 毎週火曜日•第3月曜日

BLOGTOP

「 美容 」に関する記事

美意識高い系


スポンサードリンク

こんにちは。

水戸市見和の美容室ヘアワークフラックス、オーナーの高橋です。

今日は、何だか

くだらないインサート文章が思いつかないので
(時事ネタ入れる、お寒いやついますよね)


テキトーに本題に入ります。


皆様、毎日働くにあたって

自分のプライベートなコンディション

(要するに、異性だったり、あれこれ)

に左右されることって、多くないですか?


私以外、全て女子スタッフのフラックスでは

そんなこと、大ありです。

いや、プロとしてはそんなこと

あってはならないのですが、

感情や、女子特有のホルモンバランスとかやらで

「ああ、ちょっと今日は何だか嫌なオーラ出てるな」

なんてことを、肌で感じてしまうのです。

それを感じさせないのが、

プロフェッショナルであって

(失恋時10kgも痩せたお前が言うなと、当時の彼女が言うと思いますが)

今は、何でもパワハラ、セクハラ、マタハラ!!

って言われる時代に


こんな会社が有るってことに、びっくりいたしました。

肌荒れすると搭乗NG。

シンガポール航空CAの

“美への徹底”はまさに世界最高峰だった

満足度4年連続世界1位に輝いたシンガポール航空。

そのサービスを支えるCAさんたちは外見だけでなく、

中身までも美しさに満ちあふれていたのです。

http://by-s.me/article/194366770700563992



こんな私でも、

「え?それは???」

って思えるくらい掟です。

吹き出物ができたら搭乗出来ない

見た目の美しさのこだわりは装飾品だけではありません。

キャビンアテンダントとして、

自身への美しさの徹底は当たり前。

吹き出物が出てしまうと搭乗出来ず、

完治するまで地上で職務を行う事もあるそう。

ここまで徹底してでも、

こんな会社で働きたい!って言わせる魅力は

見習わなくてはなりません。

外見だけではなく、内面から美しくするって大事ですよね。


スポンサードリンク



  この記事を書いた人


代表 高橋正憲 美容歴24年

私立茨城中学校 茨城高校卒 ハリウッド美容専門学校卒業後 都内で11年勤務。 銀座で7年間店長を勤める。

茨城に帰省後1年で水戸市に美容室を開業

茨城県で初めてのカラーアナリスト資格取得