open 平日/10:00-20:00 土日祝/10:00-19:00

close 毎週火曜日•第3月曜日

BLOGTOP

「 掟 」に関する記事

人に信頼される方法


スポンサードリンク

こんにちは。

水戸市見和の美容室ヘアワークフラックスの高橋です。

正確には”髙橋”なんですが、そんなことはどうでも良いです。


今日は、お客様に信頼される美容師って。

について書こうと思います。


私も以前は、

「美容師だったら、最新のファッションで

 キメていないとダサいよね」

なんて、思っていたおしゃれ業界の端くれでしたが

45歳も過ぎると

「せ、清潔感て大事だよね」

とか言うようになってきました。



ましてや、オーナーともなれば

色々な方と会う機会も増えてきて

「人は見た目が9割」

なんて、案外真理だよな。

とも思えてくるんです。




そこで、私がもう着ないリストに入れたもの

まず、ダメージジーンズ

(おっさんが履くと、汚らしい)

過剰にプリントされた”数字とか英語とか”Tシャツ

(安っぽい)

膝上のハーフパンツ

(そもそも無理がある)

ボタンを過剰に開けたシャツ

(おっさんの肌なんて誰も見たくない)

極端に丈が短かったり、

ウエストがシェイプされているジャケット

(ちんちくりん)

流行を追いすぎたワイドなパンツ

(ボンタン?)

ドクロ、カモフラ

(ちょい不良?もう時代遅れ)

ニット帽

(漁師みたい)




要するに、こんなやつですよ。

IMG_8107
若かったら良いんですが、

おっさんがしていたら


ただのチンピラです。

こんなやつを、

普段着でなんか着ているおっさんの気がしれません。

IMG_8281
二人ほど知っていますが…

それは置いておいて、

センスどうのこうの言う前に

まず、自分に似合っているか?

その素材は安っぽくないか?

が重要になってきます。

で、結局行き着くところが

スーツだよね。



おっさん美容師は。




ってなるんです。

なので、私は数年前から

仕事着をスーツと言うか

少しはおしゃれを残したセットアップ

に変更いたしました。



そうなると、どうなるか?


と言うと、

いざ、何かの打ち合わせになった時に

いちいち着替えなくて良い。

異業種の方となんだかんだの時なめられない。


お客様からも

「あの人オーナーなんだ」と一目でわかりやすい。

そして、一番のメリットは

もう、朝あれとこれを合わせてとか考えなくて良いから

仕事に集中出来る。

と、良いことづくめでした。



髪型も、スーツに合うように

大人の男の美容室メンズフラックスで

切ってもらっているので

安心です。

とは、言ってもゼニアの生地で仕立ててもらった

特別なスーツは仕事では着ないってのが

貧乏性なところなんですけど。



最近、

スーツをカッコよく着こなしていると思ったのが
640x427xf6bd1a62fa3d657e27f297c2
出典 : キングスマン

キングスマンのコリンファース

英国紳士らしいスーツの着こなしに

しびれます。


スポンサードリンク



  この記事を書いた人


代表 高橋正憲 美容歴24年

私立茨城中学校 茨城高校卒 ハリウッド美容専門学校卒業後 都内で11年勤務。 銀座で7年間店長を勤める。

茨城に帰省後1年で水戸市に美容室を開業

茨城県で初めてのカラーアナリスト資格取得