open 平日/10:00-20:00 土日祝/10:00-19:00

close 毎週火曜日•第3月曜日

BLOGTOP

「 髪のこと 」に関する記事

ヘアカタ通りに髪型が仕上がらない理由


スポンサードリンク

こんにちは。

水戸市見和の美容室ヘアワークフラックス

オーナー高橋です。


今日は、

「ちゃんと切り抜き持って行ったのに

 ヘアカタ通りにならない理由」

でも書いてみようと思います。



まぁ、そもそも


「顔だよね」



と言ってしまえばそれまでなんですが、


それよりも衝撃の事実もあるのです。


よく

ワックスで握るように

とか

パーマを無造作に


みたいな説明ってありますよね。


IMG_8580

そもそも、

5分10分で出来るスタイリングで

お店の看板背負って

ヘアカタなんて作れません。

(ヘアカタに載せるって、お金がかかるんですよ)


パーマを無造作にかけて

(そもそも、ほとんどのモデルさんは

 パーマをかけていません)

ワッックスを揉み込んで

(アイロンであっちゃこっちゃ巻いて

 毛先の一本一本の動きを全て手で整えて、

 ワックスでもちょっとつけて)

(フォトショップであれこれ直して)

奇跡の一枚が出来上がるんです。



フラックスでも撮影をしますが

IMG_8562
これくらい真剣なレベルです。

ヘアカラーなんて、

照明やパソコンで

どうにでも変化できるのです。

巻いて、あれこれして

写真だけのスタイルを作るだけなら

それなりには近づけられますが

そんな毎日

アイロンで巻いてはいられませんよね。


なので、

ヘアカタは

一つの指針として見ていただき

あとは、じっくり担当者に

髪の悩みを相談して

スタイルを決めていくのが

良いと思います。


水戸の美容室ヘアアワークフラックスでは

一般的な

「今日どうしますか?」

カウンセリングは

一切致しませんので、

ご安心ください。

IMG_8548

医師免許はありませんので

顔の方はちょっとね。







スポンサードリンク



  この記事を書いた人


代表 高橋正憲 美容歴24年

私立茨城中学校 茨城高校卒 ハリウッド美容専門学校卒業後 都内で11年勤務。 銀座で7年間店長を勤める。

茨城に帰省後1年で水戸市に美容室を開業

茨城県で初めてのカラーアナリスト資格取得