open 平日/10:00-20:00 土日祝/10:00-19:00

close 毎週火曜日•第3月曜日

BLOGTOP

「 美容 」に関する記事

「糖化」と「酸化」という髪にも肌にも悪い話


スポンサードリンク

こんにちは。

水戸市、見和、見川地区

実は時間外営業(朝、夜)も受け付けている

美容室ヘアワークフラックス

オーナー高橋です。


本日は、久しぶりに真面目に

肌や髪について書こうと思います。



と言ってももう何度か

「酸化」=「老化」

と言うことは書いてきました。


これについては、外から

アルカリの電子トリートメントで中和

内面からは「本気水素」で活性酸素除去
(12月にセールあります)

で、対処しようね。

ってお伝えしましたので

今回は

「糖化」について、

詳しく書こうと思います。


この、糖化というものは

糖を過剰に摂取することによって起きるもので

糖化というのは体内に入った糖質(ブドウ糖) が

肌内部のタンパク質と結合することで

茶褐色のAGEといわれる物質が生成されてしまい、

その結果、肌の構造が変化し、

劣化することをいいます

出典:糖化まるわかりガイド

もちろん、私も女子では無いので

お付き合いで食事に行った際は

飲んだり食べたりしますが

そもそも、お菓子なんて間食しないのと

日頃のトレーニングでどうにかなっています。


この、糖質ってやつは

甘いものだけではなくて

炭水化物にも含まれているので厄介です。

あくまでも、過剰摂取と言いましたが

フラックスのスタッフの話を聞いていても

ああ、こいつらわかっていないな。

って感じです。

ジュースはダメだけどスポーツドリンクならOK
(糖質たっぷり)

野菜ジュースは健康
(味付けにフルーツ入り)

果汁100%は体に良い
(糖質MAX)

甘くないお菓子なら食べて良い
(お煎餅は炭水化物)

運動はしなくても食事制限でなんとかなる
(カロリーよりも糖質よ)

これね、単体なら良いのですが


結局

朝にパンとかご飯食べて

健康気にして野菜ジュース飲んで

お昼にパスタとか食べて

果汁100%ドリンク飲んで

おやつに差し入れのお菓子食べて

ちょっと健康気にしてスポーツドリンク飲んで

小腹がすいたから夕方お煎餅食べて

夜は飲みに行ってビール

デザート食べて

締めにラーメン


みたいなコンボなんですよね。

これ、1日の活動量で

この糖質を消費するのって無理に等しいです。

まぁ、若くて代謝がある程度あれば

どうにかなると思いますが

40歳までに蓄積された糖は

肌と髪の劣化を加速させると言われています。


また、「糖」はガンの餌になると

糖質を職業とされている

先日奥様をガンで亡くされた

有名パティシエも言っております。

結局、何かサプリ的な物をを飲んで

どうにかすると言うよりは

食事の時の糖質量を気にすることと

過剰に摂ってしまった時は

運動をする習慣をつける

と言うことを

最近肌荒れが酷い

アプリで綺麗になったつもりでいる

運動苦手アラフォー某スタッフに

IMG_8098

小一時間

説教してやりました。

華麗

いや、加齢で肌のシワや

髪のハリ、コシの無さ

を感じている方は

実は、若い頃に摂取した

もしくは、未だに過剰に摂取している

「糖」が原因だと言うことを

知っておく必要がございます。

こればっかりは、

美容師の私でもどうにもならんのです。


スポンサードリンク



  この記事を書いた人


代表 高橋正憲 美容歴24年

私立茨城中学校 茨城高校卒 ハリウッド美容専門学校卒業後 都内で11年勤務。 銀座で7年間店長を勤める。

茨城に帰省後1年で水戸市に美容室を開業

茨城県で初めてのカラーアナリスト資格取得