open 平日/10:00-20:00 土日祝/10:00-19:00

close 毎週火曜日•第3月曜日

BLOGTOP

「 お客様の声 」に関する記事

これからの季節ドライヤーをかけるのが嫌になりますよね。コツをお教えします。


スポンサードリンク

こんにちは。

水戸の髪のお悩み相談美容室

ヘアワークフラックス

オーナー高橋です。

最近暑い日が続いています。

ヘアワークフラックス スーパーソニック

 

お客様から、

短時間で髪の毛を乾かす方法を

相談されるので今日はそれについて書こうと思います。

タオルドライ

これ一番重要です。

私たちもシャンプーが終わった後

結構しっかりとやっています。

 

ポイントは地肌をよくタオルで

ゴシゴシすることです。

水分は重力によって

根元から毛先に落ちていきます。

なので、根元の部分の水分は

しっかりと拭き取ってください。

 

毛先は、乾燥しやすいので

多少水分は残しておいてOKです。

 

時間が無いときは

タオルターバン

 

このようにタオルターバンをしておいても

OKです。

ただ、前髪にクセがつきやすいので

夜、乾かして寝るだけ

ってときだけにしてください。

くしでとかす

乾かす前に

きちんと髪を梳かしておきましょう。

ジャンボコーム

 

できればこのような

粗めのジャンボコームで

毛先から丁寧に梳かしてください。

 

ドライヤーをかける時に絡まっていると

余計な時間がかかってしまいます

毛先の絡み

 

ただ、この時に

流さないトリートメント等を使って

指通りをよくしておくということも

一つの手です。

 

あくまでも毛先だけね。

アエテノ

 

フラックスでは

ノンシリコンにこだわった

アエテノ

というものを勧めています。

 

トリートメントと言いますが

髪を修復するものではありません。

一時的に手触りが良くなるだけです。

 

そしてドライヤー

ドライヤー選びのコツは

後日書きますが

まずは、根元をやや弱い温度(3段階でいうと真ん中)、

強風(こちらはMAX)で乾かしてください。

ヘアアークフラックス ダイソン

 

タオルドライの時も言いましたが

根元をどれだけ早く乾かせるか?

がポイントとなっています。

その後、さらに温度は弱くして

毛先を乾かしていくと

しっとりとした仕上がりになります。

 

美容室と家での仕上がりの差って

乾かす前の下準備だったり

ちょっとした温度調整で生まれるんです。

 

まとめ
  1. タオルドライは根元からしっかり
  2. 乾かす前に粗めのコームで梳かしておく
  3. ドライヤーは温度”中”風量”大”で根元から

 

 

 


スポンサードリンク



  この記事を書いた人


代表 高橋正憲 美容歴24年

私立茨城中学校 茨城高校卒 ハリウッド美容専門学校卒業後 都内で11年勤務。 銀座で7年間店長を勤める。

茨城に帰省後1年で水戸市に美容室を開業

茨城県で初めてのカラーアナリスト資格取得