open 平日/10:00-20:00 土日祝/10:00-19:00

close 毎週火曜日•第3月曜日

BLOGTOP

「 2017年02月」に関する記事

初来店で縮毛矯正やパーマを希望されるお客様へ



スポンサードリンク

「髪が傷んでいるんですが、

 縮毛矯正をかけたいんですけど」

 

「他のお店で失敗されてしまったんですけど、

 パーマはかけられますか?」

 

電話で一番多い質問です。

ただ、電話で状態を説明されても

髪の状態は見て見ないとなんとも言えないので、

 

「一度ご来店して、髪の状態を見せてください」

 

としか言いようがございません。

まずご来店する前に、ご一読ください。

 

以下ヘアワークフラックス代表髙橋からのメッセージです。

 

 

髪の毛について

 

 

従来の美容室は

「髪の毛を綺麗にする」と言うよりは、

「髪の毛が綺麗になったようにする」

という髪の毛が傷んだ原因の究明よりも、

何かを塗って対処する施術が中心となっています。

 

その結果、その塗ったものが剥がれて結局は

髪の毛がバサバサになってしまったり、

高価なトリートメントをしても

思いの外もたなかったりと言ったことを

度々経験される方も多いことと思います。

 

手触りや、髪の艶だけにごまかされて、

「髪の毛がきれいになったような気がして」

それで髪質が変わったものと

安心しがちだと思いますが、

実際はあくまでも誤魔化しであって、

髪の毛が修復されたわけではございません。

 

「何が原因で髪の毛が傷んでしまったのか?」

をフラックスでは

しっかりとヒアリングをして施術いたします。

 

 

髪の毛とは?

 

 

 

髪の毛は、毛根の深い部分だけは

分裂が盛んな生きた細胞ですが、

頭皮から現れた部分はすでに角化しています。

つまり、普段目にしている髪の毛は

死んだ細胞の集まりなのです。

 

つまり、

皮膚のように再生したり回復したり

又、自己修復もできません。

爪と同じように、

傷んだら切る以外は無いのです。

 

 

傷ませない方法とは?

 

 

美容室でカラーやパーマのように

薬剤を使う限りはノーダメージということは不可能です。

 

 

もともとダメージのある髪の毛に

パーマやカラーの施術をして

それ以上の綺麗な髪の毛にすることも不可能です。

 

ただ、普段のホームケアによってできるだけ良い

「素材」としての髪質

を作っておいていただければ

なるべくダメージを与えずに施術することは可能です。

 

 

フラックスの考え

 

 

まずは、髪の傷んでしまった原因を

しっかりとヒアリングをして施術に入ります。

 

「なりたい髪型」よりも

「まずは、綺麗な素材作り」

を優先させて頂きますので、初来店での

パーマや縮毛矯正は

お断りさせていただくことがございます。

 

「美容室で髪の毛が傷んでしまった。

 なんとかしてほしい」

 

と言う場合は、カウンセリングだけでも結構ですので

是非フラックスにご相談ください。

 

悲しい思いをされてしまったお客様の髪の毛を

情熱を持って綺麗にさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



  この記事を書いた人


代表 高橋正憲 美容歴24年

私立茨城中学校 茨城高校卒 ハリウッド美容専門学校卒業後 都内で11年勤務。 銀座で7年間店長を勤める。

茨城に帰省後1年で水戸市に美容室を開業 茨城県で初めてのカラーアナリスト資格取得